援助交際も1つのビジネスだと言えます


援交の画像援助交際は、簡潔に言えば1つのビジネスだと言えるのです。
つまり、女性側は売る方、男性側は買う方なのです。

女性は、男性とのエッチに応じることで自分の体を売るわけです。
もちろん金額は好きなように決めることができますが、基本的には相場を基準にして決めることになります。

男性側は、買いたい女性が見つかれば、金額を判断した上で買うかどうかを決めます。
男性が買う意思を示したのであれば、そこで契約が成立となります。

そうなれば、男性側はお金を支払う義務がありますし、女性側はエッチをする義務が生じるのです。
ビジネスでは、契約が成立した以上は双方の義務を果たさないといけませんから。
男性はお金を支払って、女性はエッチをしてあげる、それが終わればビジネスも終了となるわけです。

その後は、またお互い全くの赤の他人の関係に戻るわけです。
ですから、心がないと言えばないのかもしれませんが、変に余計な感情を持ってトラブルになるよりは、ビジネスだと割り切った方がスムーズに援助交際を行うことができると言えるのです。

本当にお金がないから援助交際をするのか?

援助の画像援助交際をする女の子は、お金がなくて困っているから援助交際をすると思われがちです。
しかし、実際のところ、本当にお金が困っていてやむを得ず援助交際をする女の子は、かなり限られると思います。

恐らく大半の女の子は、興味本位で援助交際をやって、その結果大金を稼げることに味を占めて、さらに援助交際を続けるのだと思います。
それほどお金には困っていないけど、簡単にお金を稼げることを知ってしまうと、そこから抜け出せなくなってしまうのです。

もちろん、どちらのケースでもお金が目的であることに変わりはないと思いますが、動機の部分が根本的に違うと言えるのです。
もっとも、少なからずお金以外の目的で援助交際をする女の子もいます。

男性の温もりが欲しい、性欲を満たしたい、エッチの経験を積みたいなど、お金だけが目的ではない女の子もいるにはいるのです。

まあ、どちらにしても男性からすればあまり関係のないことであり、お金を払ってエッチをさせてくれるのであれば、それでいいと男性は考えるのです。

援交生活を送っていた女の子たち

学生時代に援交生活を送ってきた女の子は、その後はどのような生活をしているのでしょうか。
もちろん、改心してごく普通の生活を送っている女の子もたくさんいます。
援助交際の画像
しかし一方で、援助交際で大金を稼げた味を忘れることができず、普通の仕事では物足りなくなってしまうケースも多いのです。
それによって、成人になってからも援助交際に手を出すようになったり、あるいは風俗などを掛け持ちしたりして、とにかく大金を稼がないと不安な気持ちになってしまうのです。

やっぱり、一度美味しい思いをしてしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなってしまうのです。
まして、援助交際は自分の体1つあれば稼ぐことができますし、難しいことも何もないので、簡単に大金が稼げてしまうのです。

その結果、気が付けば20半ばまで援助交際生活を続けており、しかしだんだんと需要もなくなってきて、気が付けばドツボの人生となっているケースも少なからずあるのです。

援助交際をしてしまったものは仕方がありませんから、もう二度とやらないと心に誓って、しっかりと新しいスタートを踏み出すことが大事だと言えるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ